革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

名刺交換をした後の活用法について

ビル

名刺はビジネスの場において初対面の相手への自己紹介という意味で必要不可欠なものであり、今日、異業種交流会など様々な機会で交換がなされております。
そのような場で多くの相手と交換をしていると、ともすれば人脈が出来ているかのように勘違いしてしまうことがあります。
名刺は交換を行った時よりも、その後の方が大変重要になってきます。
自分がそうであるように、相手も多く人と会っている以上、必ずしも自分のことを覚えているとは限らないからです。
だからこそ、交換しただけで終わるのではなく、情報を整理してフォローしていく必要があります。
交換した名刺は翌日直ちに必要事項をエクセルなどに入力してデータベース化します。
最近ではスキャンするだけでデータを吸い上げてくれるソフトも出回っています。
データ入力が済んだら、次は交換した相手へお礼のメールないしは手紙を送付します。
その後も定期的にニュースレターや社内報を送付する等して継続的にフォローしていくことが必要ですし、前述のデータベースを活用することでフォローもしやすくなります。
このようにして初めて人脈といえるものが形成されるのです。