革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

様変わりしてきた最近のビジネス名刺

ビル

名刺は氏名や住所、肩書きなど、自分に関する情報が記載された小形のカードで、初対面の相手と会った際に手渡したり交換したりして、自己紹介代わりに用いるものです。
従来の名刺は白地の台紙に黒字で会社名や氏名、そして連絡先が記載された程度のものでしたが、最近は相手により自分及び自社を印象付けようと様々な工夫がなされています。
例えば最近では顔写真入りのものが非常に増えてきました。
顔は最も記憶に残りやすい情報の一つである為、顔写真さえあれば名前は忘れられていても、会った時のことを思い出してもらえる可能性が高くなります。
また、最近の名刺は裏面の使い方に趣向が凝らされています。
裏面には自社の強みや得意分野が記載されているだけでなく、本人の趣味や出身地、家族構成などといったプライベートの情報も積極的に掲載されるようになってきました。
また、表面に記載の連絡先についても、従来は住所やメールアドレス位でしたが、最近はホームページや社内ブログのURLが載っているのが一般的で、さらに会社でツイッターやラインをしている場合は公式アカウントも掲載されています。
このように最近のビジネス名刺は「相手への印象付け」をより意識したものになってきています。